HISTORY

沿革

沿革

1919年(大正8年)

岡山市幸町にて水内昌太郎の個人営業として【水内ゴム製造所】を創業

ゴム引布の製造を開始

1931年(昭和6年)

もみすり用ゴムロール製造開始

1941年(昭和16年)

前会長 水内謹一、社長就任

1952年(昭和27年)

耕運機の開発普及に伴い、ゴム車輪の製造販売を開始

1961年(昭和36年)

酪農機械の量産化に伴い、搾乳用ライナーを生産開始

1962年(昭和37年)

大阪府堺市に大阪営業所を設立

1965年(昭和40年)

繊維機械用ゴムロール生産開始

1968年(昭和43年)

本社工場を現在地に移転、個人経営を法人に改組

1978年(昭和53年)

インドネシアにゴムロールの技術供与

1980年(昭和55年)

スポンジロール開発、生産開始

1984年(昭和59年)

ミャンマーにもみすりゴムロール工場を完成稼働

1985年(昭和60年)

現会長 水内淳一、社長就任

1987年(昭和62年)

高級樹脂フィルム特殊延伸を開始

中華人民共和国へ技術供与

1988年(昭和63年)

【株式会社水内ゴム】に社名変更

ベトナムに技術供与

1990年(平成2年)

岡山県真庭市にゴム加工会社ミアードを設立

1992年(平成4年)

ウレタンゴムと同等の高性能ゴム【タイマックス】を開発

1993年(平成5年)

温水加硫缶設置により品質の安定化

1995年(平成7年)

レムコ社製 ロール形成機導入により生産効率アップと品質の安定化

シリコーンゴムロールの製造を開始

1998年(平成10年)

バッティングセンター事業を開始

2007年(平成19年)

大阪営業所を現在地に移転

2008年(平成20年)

EM技研社製 ロール形成機導入により品質・生産性の向上

滝澤鉄工所製 汎用旋盤導入により品質・生産性の向上

2010年(平成22年)

サムソン社製 ガス炊貫流ボイラー導入

2012年(平成24年)

現社長 水内雄一、社長就任

2014年(平成26年)

真空プレスを導入により品質・生産性の向上

航空写真で見る水内ゴムの歴史

1919年~1973年(大正8年~昭和48年)

 
岡山駅前に本社工場・事務所がありました。
現在は道向かいにイオンモール岡山が建っています。

1963年(昭和38年)

 
現在地に工場移転を開始

  • もみすりロール製造工場 稼働

1968年(昭和43年)

  • 黒色ゴム練り棟 稼働
  • 電気室 稼働
  • 鉄板プレス工場 稼働

1970年(昭和45年)

  • もみすりロール製造工場 増築
  • ボイラー 稼働
 

1973年(昭和48年)

工場移転完了

  • 本社事務所 移転
  • 工業用ロール製造工場 稼働
  • 金型成型品製造工場 稼働
  • 尾輪製造工場 稼働

1976年(昭和51年)

  • 白色ゴム練り棟 稼働

1988年(昭和63年)

1995年(平成7年)

  • シリコーンゴムロール製造工場 稼働

2000年(平成12年)