タイマックスとは

タイマックスは弊社独自のゴム製造技術にて開発された、100℃を超えるような高温においても高荷重に耐えることができ、耐摩耗性が優れたゴム材質です。
耐久性が売りの【ウレタンゴム】に匹敵する性能を持つNBR系の特殊配合ゴムです。

ウレタンゴムの弱点

高荷重・耐摩耗性の用途ではウレタンゴムが使用されることが多いですが、いくつか欠点があります。ウレタンゴムを使用していて、下記のような症状が発生した場合、タイマックスの使用をご検討ください。
●雰囲気温度が70℃を超えると軟化によって形状を保持できなくなったり、異常摩耗が発生するなど摩耗が極端に悪くなることがあります。
●高速回転で使用する場合、ゴム内部が溶融して破裂することがあります。
●長期間使用すると加水分解のために【芯金との接着が剥がれる】や【ゴム自体が軟らかくなって表面に異常摩耗が発生】、【負荷が掛かると破壊】などすることがあります。



タイマックスの特長

1. 最高130℃の高温においても優れた性能を発揮
2. 高価な特殊ゴムと比較すると安価
3. 耐油性、耐水性が優れ、ある程度までの耐酸性も有り
4. ゴムロールの成形以外に、金型成型品の製造も可能
5. タイマックスⅡは耐熱性を向上させ、圧縮永久歪性を改良したグレード
6. 汚れを嫌うラインでも使用できる白色系のゴムでも製造可能


使用用途

●樹脂成形ライン、高温乾燥ラインで耐熱性や熱時の強度耐摩耗性が要求されるゴムロール
●高温環境で使用される車輪
●高速回転する小型ローラー
●金属表明との摩擦をともなうパッキン
※その他高荷重、耐摩耗性、耐熱性が要求される用途に対して多数の採用実績があります!



物性

<試験結果の一例です>アクロン摩耗試験条件:荷重27.0N,角度15°,1000回転
※なお、表に示した値は試験値であり、保証値ではありません。

タイマックス
タイマックスⅡ
参考
TM60
TM70
TM80
TMⅡ80
TMⅡ90
ウレタン
ゴム
一般NBR
ゴム硬さ(JIS A)
62
68
83
78
88
80
80
引張強さ(MPa)
25.7
28.4
30.1
18.4
17.8
29.4
18.6
破断伸び(%)
530
520
480
260
200
600
250
引裂強さ(N/mm)
41.2
49.0
54.9
39.2
42.2
39.2
41.2
アクロン摩耗(cm3)
0.018
0.015
0.014
0.032
0.031
0.015
0.040
耐熱性(使用可能温度)
110℃
125℃
70℃
100℃
短期であれば130℃まで使用可能
タイマックスは、高温(上記表参照)で高荷重や耐摩耗性が要求されるゴムロールにおいて高い効果を発揮します。

物性比較イメージ



.