ゴムの種類

 
NR(天然ゴム)
 ゴム樹から採取される樹液(ラテックス)を凝固乾燥させたもので、機械的性質が優れ価格が安いため、タイヤ、靴、ホース、ベルト、その他一般工業用品に広く使用されている。
しかし耐油性、耐熱性、耐オゾン性が劣るためロールとしては耐油、耐熱性を必要としない場所にしようすれば価格が割安になる。
ゴムロールのおもな用途
木工用ロール、コンベヤプーリーなどの耐摩耗性や弾性、高摩擦係数が必要なロール、熱や油に接触しない汎用ロール

 
SBR(スチレンゴム)
 スチレンとブタジエンとの共重合物で、性質がNRと類似しているが、NR(天然ゴム)より耐摩耗性、耐熱性、耐老化性が優れる。
タイヤ、靴底、その他の用途にNR同様広く使用されている。
ゴムロールのおもな用途
製鉄用ロールなど弾性や耐摩耗性、高摩擦係数が必要なロール

 
NBR(ニトリルゴム)
 アクリロニトリルとブタジエンの共重合物で、アクリロニトリル量によって様々なグレードがある。一般に耐油性、耐熱性、耐摩耗性が優れており、耐油ホース、耐油パッキン、その他耐油性を必要とする工業用品に使用される。欠点としては耐オゾン性が劣り、ケトン、エステル類に侵される。
ゴムロールのおもな用途
製鉄用各種ロール、繊維用各種ロールの他にも製紙、染色、紡績用ロールなど

 
CR(クロロプレンゴム)
  クロロプレンゴムの重合物で、一般に「ネオプレン」と呼ばれることが多い。
中程度の耐油性を有し、耐薬品性、耐候性、耐オゾン性が優れ、耐熱性も汎用ゴムより優れており、平均した性質をもつ。
ゴムロールのおもな用途
製鉄用ロール、製紙用ロールなど
【スポンジロールとして塗布ロールなどに使用される】

 
IIR(ブチルゴム)
 イソブチレンとイソプレンの共重合物で、ケトン、エステル等の極性溶剤に強く、耐候性、耐オゾン性、耐熱性、耐薬品性に優れている。また、ガスの透過性が低いことからタイヤのインナーチューブに使用される。
ゴムロールのおもな用途
コーティングロールなどの糊付ロール、溶剤系の塗料を塗布するロールなど

 
CSM(クロロスルホン化ポリエチレン)
 ポリエチレンに塩素と亜硫酸ガスを反応させて製造され、一般的に「ハイパロン」と呼ばれる。
耐熱性、耐薬品性、耐オゾン性、耐摩耗性、耐老化性が優れ、中程度の耐油性を有する。
ゴムロールのおもな用途
製鉄用ロール、フィルム用ロールなど

 
Si(シリコンゴム)
 主鎖がシロキサン結合で、側鎖にメチル基、フェニル基、ビニル基などを持つ構造で、高度の耐熱性、耐寒性を有し、非粘着性があるので、ポリエチレン・ラミネーターの圧着ロールとして広く使用されている。
その他、ヒートシーラー、ガイドロール、糊付けロールにも使用されている。欠点としては強度が少し劣り、価格が高い。
ゴムロールのおもな用途
耐熱性を要求されるロール、非粘着性(高剥離性)のロールなど

 
EPT、EPDM(エチレン・プロピレンゴム)
 エチレンとプロピレンの共重合物で、EPDMは硫黄加硫用に第三成分としてジエンを導入している。
特徴は、IIR(ブチルゴム)と同様にエステル、ケトン等の極性溶剤に強く、耐老化性、耐熱性、耐候性、耐オゾン性、耐薬品性、耐摩耗性が優れIIRより加工性が優れている。
ゴムロールのおもな用途
塗布ロール、糊付ロール、フィルム関係のロールなど
【スポンジロールとして塗布ロールなどに使用される】

 
FKM(フッ素ゴム)
 炭素鎖の主鎖に側鎖としてフッ素基を導入した構造で、様々なグレードがあるが一般に「バイトン」が有名である。
耐熱性と耐薬品性がすべてのゴム中で最高レベルであり、耐油性も優れている。欠点としては、低硬度配合ができず値段が高価であり、加工性も悪い。
ゴムロールのおもな用途
非常に高温で使用されるロール、表面の剥離性が要求されるロールなど

 
U(ウレタンゴム)
 イソシアネートをポリエステルまたはポリエーテルと反応させ、これをグリコールやアミンで架橋させて得られるゴムで、使用するモノマーによって様々なグレードがある。
機械的性質が極めて優れており、耐摩耗性も非常に良いことから、高荷重用途のロール等に使用される。欠点は耐熱性が劣り、加水分解性のために耐水性や耐薬品性が悪く、動的発熱によって内部蓄熱し溶融する。
ゴムロールのおもな用途
製鉄ロール、製紙ロール、その他高強度・耐摩耗性が必要なロール

タイマックス
 水内ゴムの独自開発した高物性のゴム材質
耐摩耗性、耐熱性をMAXに追及した特殊配合のスーパーゴム⇒詳しくはこちらへ




.